衝撃、記述は覚えれば簡単なのだ

CSSとHTMLが必要な訳!

インターネット上のウェブページを作る場合、CSSとHTMLの記述の組み合わせによって制作されます。 CSSは、ウェブページ内のレイアウトを定めることが出来る言語です。 これまでは、ウエブページ内の情報となる文章構造について定めることをメインとしていたHTMLの、fontやcenterを使ってレイアウトや装飾が行われてきましたが、これはHTMLの本来の役割ではありませんし、レイアウトの変更時にはスタイルの指定を記述するのに手間がかかります。 そこで、文章構造の情報はHTML、見栄えなどのレイアウトについてはCSSの記述による制御が良いとされています。 CSSとHTMLには、それぞれ基本となる記述の形式が存在するのでそれを守って入力すれば、より多くのブラウザ―で正確に表示されるウエブページを作成することができます。

  

CSSの活用で簡単にレイアウトを制作、変更でき便利!

CSSでウェブページの見栄えを設定する場合、基本的なCSSの書式はセクレタ{プロパティ名:値;}という形式になります。セクレタには、スタイルシートを適用したい部分を、プロパティには適用するスタイルの種類、値にはスタイルの種類の中から選んだ物を指定します。この方法で、文章の指定した部分の色を変えたりすることができ、見た目の装飾をすることができます。CSSのプロパティの種類は他にも色々あり自分の選択で表現を変えることができます。 また、とても簡単な方法としてタグに直接CSSの記述を入力するというやり方もあります。 もともと、HTMLでウエブページを制作したことがある人なら、CSSの記述も覚えれば簡単に利用できるようになり、文章構造の組み合わせが変になることもないので便利です。