こんなメリットがあったのか、デメリットもCSS

サイト制作が分かりやすくなったCSSのメリット

かつてインターネットサイトの制作では、HTMLでコンテンツからレイアウトまで規定していました。そのため、レイアウトの作成が難しかったり、トラブルの要因となることがよくありました。そこで、CSSによりコンテンツからレイアウトを分離し、整理して個別に規定できるようになっています。 サイト制作でCSSが使えるようになったことにより、コードがシンプルで把握しやすくなっています。そのため、何らかの問題があれば、原因部分をすぐに発見できるメリットがあります。一方で、これまでHTMLの知識にばかり頼っていた人は、新たにCSSのルールについて覚えなければなりません。しかし、ほとんどが従来の技術の応用であり、すぐに修得することが可能です。

  

効率的に使いまわせるCSSを使う利点

CSSを用いてサイトのレイアウトを定めることができるようになったことで、トラブルをできるだけ避けることができます。またさらにCSSの登場が、サイト制作の作業効率を高めるメリットを提供してくれます。 CSSは、HTMLファイル内に記述できる他、外部ファイルとして作成が可能です。そのため、複数のHTMLファイルから同一のCSSを参照し、使いまわすことができるのです。これまでHTMLファイルで個別に規定していたスタイルを、一つのCSSでまかなえます。ただし、CSS上のミスが複数のページに影響を及ぼしたり、無理に複数のページの整合性を取ろうとしてレイアウトが崩れるといったデメリットはあります。整合性がとれるよう個別に対応していけば、トラブルは解消が可能です。